サイエンスホームグループ定例会

明日は北海道から沖縄まで

全国138社あるサイエンスホームの

定例会です!

本部があり

サイエンスホーム発祥の地である

浜松に全国からスタッフが集まり

様々な意見を交わしたりします!

過去にも書いたのですが

サイエンスホームが常日ごろから

取り組んでいる

バリューエンジニアリング(VE)

をお伝えしたいと思います

まず、バリューエンジニアリングとは

求める機能を最小限の資源コストで

実現する為製品の価値に

関連する諸要因とその製品のコストに

関連する諸要因の関係を徹底的に

分析検討し、製品価値を相対的に

高める一連の手法。

ちょっと難しいですが

家で分かりやすく説明すると

満足感5=デザイン機能性100÷コスト20

だとします。

機能性を100から200に増やせば

満足感10=デザイン機能性200÷コスト20

となりますよね

機能性が上がる!もしくはコストが下がる!事によって満足感は上がります♪

それだけじゃなく

機能性は減ったけどコストがそれ以上に

減った。

コストは上がったけどそれ以上に機能性も上がった。

と言う場合にも満足度は上がります

まとめると

満足感(価値)

最大化する!

その為には機能とコストを一緒に考えないといけない!

と言うのがバリューエンジニアリング

です

サイエンスホームが総国産ヒノキの家を

低コストで作れているのも

これを考えに考え抜いてできている

事なんです

木の良さを最大限に活かし!

従来の家から質を落とすことなく!

仕入れ、施工方法、販売体系などで

コストダウンを図り人々を笑顔にする

家作りを目指してやってきております

『バリューエンジニアリング』

素晴らしい言葉ですね

この先もっともっとバリューエンジニアリングを追求して

満足度No.

を目指してやっていきたいと思って

ますので皆さん!

今後ともサイエンスホームをどうぞ

宜しくお願いします♪